2017-11- / 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.02.11 (Sat)

>レリーフ・手形

 kon_01.jpg

製品名
レリーフ・手形(アルミニウム合金、石膏鋳造品)
特徴弊社の石膏鋳造の特徴は指紋・爪まで再現できる転写性です。
工 程手の掌からゴム転写・ゴム反転→石膏鋳型作製→乾燥→溶解→脱ガス→鋳造→仕上げ→表面処理
製作期間  ゴム転写・ゴム反転  3日
  石膏鋳型作製      2日
  鋳  造          1日
  表面処理         6日
    合 計        12日間
材 質  AC4CーH (Al-7%Si)
表面処理 表面処理業者様のご協力で、金メッキを施しています。
販 売 個人向け事業として、手形やその他何でも石膏鋳造で転写し記念グッツの製作に取り組んでいます。 皆様からのご要望をお待ちしています。
21:55  |  技術紹介

2012.02.11 (Sat)

>インペラー(アルミニウム合金・石膏鋳造)

inpera1.jpg inpera2.jpg

製品名
インペラー(アルミニウム合金鋳物・石膏鋳造品)
特 徴モデルを同時5軸加工機で加工し、それをモデルにして石膏鋳造で製作しました。鋳物の材質はAC4C(Al-7%Si)で、羽部の厚みは1ミリです。上型・下型とも石膏鋳型で作成しています。この製品の場合は、羽部同士がアンダーになり、且つ薄肉であることで、技術的難易度が高くなっています。鋳造方案は石膏鋳造と減圧鋳造法を組み合わせました。
日 程3次元CADデータ頂いてから、
5軸加工によるモデル製作工程  1週間
石膏鋳造+仕上げ加工工程    1週間
     合計             2週間

合計2週間で製作をしました。
 (もちろん難易度や社内工程の混雑度にもよります。)
AC4Cの特徴 一般的に使用されている合金で、「Al-7%Si」 と書きます。
この合金の特徴は、Siが多く含まれているので湯流れ性が良いということです。湯流れ性が良いので、注油温度を下げることが出来、湯回り不良やガスの巻き込みなどの欠陥が他の合金よりも少ないです。また、熱処理をすると機械的性質も向上するので、機能部品として採用されています。
一般的にアルミニウムの比重は 「2.7」が用いられています。
AC4Cの化学的成分 この合金はAlーSi系合金と呼ばれています。 
化学的成分は、7.5%Si-0.55%Fe-0.25%Cu-0.35%Mn-
0.45%Mg-0.35%Zn-0.1%Ni-0.2%Ti-0.1%Pb-0.05%Sn
-0.1%Cr-balAlとなっています。この合金の仲間には「Fe」を極端に少なくした「AC4C-H」 という種類の合金もあります。
AC4Cの機械的性質 砂型試験片による機械的性質を次に記しました。
またT6処理をすると飛躍的に機械的性質が向上します。

( F )引っ張り強さ 140N/mm2、伸び 2%以上、硬度 HB55
(T6)引っ張り強さ  210N/mm2、伸び 1%以上、硬度 HB75
AC4CーT6処理について AC4CのT6処理については、下記の熱処理条件が標準です。
容体化処理 525℃ー8時間、時効硬化処理160℃ー6時間

21:44  |  技術紹介

2012.02.11 (Sat)

>BIG FOOT

kon_05.jpg

製品名
BIG FOOT(大巨人の靴)

特徴 展示会用に作りました。
Big Footの前の木型は、女性用「23cm」足の木型です。
比べると、Big Footが如何に大きいかわかるでしょう。
Big Footの足型は弊社で作成し、靴メーカーのお客様に靴を作って」頂きました。靴は布貼り・底はゴム底になっています。靴ひもはカーテンで作られています。
Big Footの足のサイズは?
答えは   「 56.4cm 」 です。
ジャイアント馬場さんの足は? 足が大きくて有名な日本人は、「ジャイアント馬場 さん」ですね。彼の足のサイズは、「16文 = 38.4cm」。
Big Footの足ってジャイアント馬場さんよりも大きいですね。
靴の中の足型は? 靴の中央部にグレーのブーツのような物が見えますね。これが靴型(ラスト)といいます。この靴型(ラスト)を作るために、木型と作成しそれからアルミラストを鋳造しました。このアルミラストは肉厚が2㎜のアルミの鋳物です。
靴型って? 靴を作る上で、必ず必要なジグのことです。足と同じ形では靴になりません。もし足と同じ形の靴なら、歩行したときに爪先が前に当たったり、踏みつけ部が痛くなったりします。それ防ぐために、爪先の前に「捨て寸」や甲の部分に「ころし」と呼ばれる寸法を足したり引いたりて、木型を作成します。もちろんヒールの高さを考えて爪先部分に「トースプリング」という機能を設けるため、爪先の位置を少し高くします。もう少し詳細な項目があり、それぞれの項目の機能に応じて寸法を設定します。これが木型設計といいます。
アルミラスト 靴を大量に生産するためには、前述のラストが沢山必要です。ケミカルシューズや布靴にはアルミラスト、革靴にはプララストが使用されてきました。アルミラストは鋳造で製造し、プララストは専用旋盤で機械加工をします。




21:35  |  技術紹介

2012.02.11 (Sat)

>建設用架設足場

build.jpg

製品名
建設用架設足場(アルミ)
特徴 この架設足場は従来の鉄製とは異なり、アルミニウム合金(D712合金)で製造されています。軽くて耐久性に優れしかもSS材(鉄並み)の強度があります。この足場はアルミニウム合金で製作されていますが、1本当たりの許容鉛直加重が4トンと優れた強度を有し広いスパンを確保できまた軽量であることから、架設足場の取付の作業効率アップやコスト削減がはかれます。
D712合金の化学成分 Al-Zn-Mg系合金で、AA規格(アメリカ規格)の合金です。一般的には三元合金と呼ばれています。合金の化学的組成を現すと
0.3%Si-0.5%Fe-0.25%Cu-0.1%Mn-0.65%Mg-0.6%Cr-6.5%Zn-0.25%Ti-BalAl となっています。
D712合金の機械的性質 機械的性質は、時効硬化により引っ張り強さ230N/mm2、また硬度HB約81まで向上します。さらにこの合金の特性は溶接性に優れていることです。
D712合金の使用例 ・米国F社製A車のエアーインテークマニホールド
 ・M社製F車エアーアウトレットマニホールド
 ・S社製K車エアーアウトレットマニホールド
 ・T社製S社エアーアウトレットマニホールド
 ・T社架設足場(ネジ棒、ハンドルなど)
アルミ合金中のMgが及ぼす影響アルミニウム合金中のMgは下記の影響を及ぼしています。
①耐食性の向上
②機械的強度の向上
③切削性の改善
アルミ合金中のZnが及ぼす影響アルミニウム合金中のZnは下記の影響を及ぼしています。
①鋳造性の改良
②Mgとの共存により機械的性質・機械加工性の向上


21:28  |  技術紹介
<<PREV  | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。